FC2ブログ
昨日はだんなが休みだったので
私も休みにして少し遠出をしました。
結構マスクをしてた人が多かったですが
どこもマスクは売り切れで、入荷未定でした。


振り返り1の続きです。

主治医の話
酸素を吸入し続けてると、
脳が呼吸しなくていいと錯覚して
自力で呼吸出来なくなることがあり
今回それで延命措置をしなければ
今日中か明日までです。とのことでした。

延命措置は、12月に入院したときから
断っているので、今回も。

父は血圧も下がってるし、意識も無く
反応もない状態なので、いよいよこのままかと
その時はみんな思ってました。

が、家族の意思確認をすませて病室に戻ると
どうも血圧が戻ってるし、反応もする感じ。
でも先生は状態が良くなってるわけでは無いですが
と困惑気味。

妹は中国にいる弟に連絡取ったら
明日の夕方には来られるみたいなので
それまで何とかもってくれればと
酸素量の調整をお願いして
私は息子に連絡して病院に来てもらうことにしました。
夜勤なので家にいましたから。

前日も息子は病院に来ていたのですが
その時父は寝てるのか、起きてるのかよくわからなかったって
聞いてましたから。

そうこうしてるうちに
同じ個室でも広い特別室があくかもしれないので
移りますか?と打診がありそちらに移動することに決めました。
父のきょうだいたちには移動してから連絡することに。

妹の息子は地元に戻るために病院の近くに部屋を借りたので
この日はその立ち会いでした。
それが終わって病室にきましたが
引っ越しの都合上、夕方千葉に出発しなければいけなくて
一度実家に荷物取りに行かないといけないだったので
母も一度帰って泊まり込みの支度をすることにしました。

私の友達が眼薬を持ってきてくれるはずだったけど
家にいるかもわからないので
目医者に寄って薬もらっていけばいいじゃないと
そして甥が荷物と母と一緒に一台の車でくれば大丈夫と
指図して、妹も必要なものを持ってきてもらうことに。

これがお昼の12時頃でそのころには息子が来ていたので
病室に私と妹と息子が残っていたのですが
息子は夜勤なのでその前に寝るためにしばらくして帰り
私は母が戻ってきたら一度家に帰ることにしました。

2時頃に特室に移動出来たので
妹はあちこちに連絡して、私は母に病室移動したメールを
してるうちに、母と甥が戻ってきました。

近くに住んでる伯母や伯父も来ましたが
父の状態が安定してるようだったので帰り
私も一度家に帰り洗濯物しまって
必要最低限のことをして、だんなに状況をメールして
病院に戻りました。

この日は交代で父のそばについてましたが
一人で見てる時に、呼吸の回数が減ると
これが最後か?とか思っていました。

翌日2月4日の話は次で。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック