FC2ブログ
昨日は午前中は父の病室で付き添い。

その後
デーモン閣下の能魔ヰ三重筝に行ってきました。
この日、ここにいられるか本当にわからなかったので
今、この場所にいられるのがご褒美だよねと
友達としみじみと思っていました。

友達も実家の親や義理の親の問題があり
参加できるかどうかだったってさ。

お互い開演前に早々と携帯の電源を落としましたよ。

公演は素晴らしかったですよ。
閣下の朗読と歌唱に
能舞と謡、二十五絃筝の共演。

内容も源氏物語の六条御息所にまつわるものといい
重いものだと思っていましたが
父の入院にまつわる色々な想いとか
閣下に出会ってからのこれまでとかが合わさって
もう涙腺崩壊状態。

でも音は耳に入ってても朗読とか謡の内容は
言葉として認識してたかちょっと怪しい。
心で聴いてたって感じかな。

歌唱は閣下のうた髑髏から修羅と極楽
聖飢魔Ⅱ時代の嵐の予感と火の鳥~FIRE BIRD~
これがまた今の気持ちにぴったりで
これが来るかって感じでした。

特に火の鳥はライブで聴きたいと思っていたので
もうイントロ部分から涙が止まりませんでした。
場所的にもきっと舞台から見えたろうなと
思いますが、今日は許されるよねっと。

なんか不思議な感覚に襲われましたよ。
繋がった?っていうような。
感無量でした。
この瞬間が最大のご褒美、報われた感じ。

でも歌唱が終わって、挨拶になったら
すっと気持ちが切り替わったのが不思議。
それまで涙腺崩壊状態だったのにさ。

火の鳥にまつわる話もあって
閣下はすっかりこの曲は忘れ去ってて
イントロ聞いても思い出せずにいたと。
え~それはちょっとショック(笑)

イントロ聴いてわかった人がいるかとの問いに
数名?手をあげましたが私もその中の一人。
閣下からのすごいなぁのお言葉いただきました。

マイナーな曲でも私はお気に入りで
何百回となく聴いてますから。


帰り道にも友達と色々な話をしてましたが
その中のうた髑髏のお気に入りの曲は?の問いに
答えておきます。

Love Dies です。

英語の部分の意味はわからないが
いつか再び 天に舞い戻るため 
というフレーズあたりがとても好き。


プラスの涙効果なのかすっきりしました。
癒されたっていうか浄化された感じ。
体も軽くなりました。


明日も父の病室で付き添いです。

書きたいことはあるが
時間がないので来週まで持越しかな。



参加してます

にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
凄かったよね。
能魔ヰ三重箏から5日たったのに、まだ夢見心地です。もしかしたら、とてつもない作品の誕生に立ち会ったのかもと。山井綱雄氏のブログによると、お三方とも大満足されたようす。再演も考えられるみたいで、より熟れた舞台をみたいです。
2019/12/26(Thu) 13:32 | URL | 悪あがき | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック