FC2ブログ
このところ図書館で借りた本を読んでました。

高田崇史 卑弥呼の葬祭
ダン・ブラウン オリジン などです。

高田崇史の推理物はトリックとかは
いまいちかなと思いましたが、歴史に興味があると
結構面白いかな。

歴史にからめた話ばっかりみたいなので
全作読んでみようかなと思ってます。


ダン・ブラウンのシリーズは安定っていうのかな
一気に最後まで読めました。


しかし本読み始めると
他のことがおろそかになるのよね。



参加してます

にほんブログ村
スポンサーサイト



八咫烏シリーズ

 烏に単は似合わない
 烏は主を選ばない
 黄金の烏
 空棺の烏
 玉依姫

   阿部 智里


今回続けて読んでたのはこれです。
本屋で玉依姫の表紙に
毎回目が留まって気になってたのです。

玉依姫や八咫烏っていえば神話の世界でしょうと。
でも神話じゃなくてファンタジーだったけどね。

結構面白かったよ。
最後の1冊も早く読みたい。
でもそれが第一部完結編ってことは第二部もあるってことか?



参加してます

にほんブログ村
信長と信忠
   鈴木輝一郎


従来の信長を期待すると残念かな。
濃姫好きには複雑な気持ちになる話でした。

だからと言ってまったくダメかと言えばそうでもなく
これはこれでありなんだろうと思えるのです。



参加してます

にほんブログ村
ミレニアム4蜘蛛の巣を払う女

   ダヴィド・ラーゲルクランツ


3巻までを読んだのは5年以上前でしたかね。
もともと息子が読みたいから図書館で借りてきてと言われたのですが
貸出中でずいぶん遅くなったうえ
2巻と3巻から読んだという記憶があります。

息子は1巻からじゃないとと言って結局読まなかったんです。
せっかく借りてきたんだからと私は読みましたけどね。
その後1巻も読みましたよ。
そんな順番でも面白かったです。

しかし作者が亡くなったので、続編は無しということでしたが
違う人が続編を書くことに。
前作を読んでからずいぶん経ってるし、あまり良く覚えてないからか
それほど思い入れがないからか、違和感なく読めました。

数年後には続編が出る予定だそうで
それもまた読んでみたいと思ってます。



参加してます

にほんブログ村

帰蝶
 
  諸田玲子


大好きな濃姫様が主人公なのですが、微妙。
まったく好みでないかといえばそうではないのですが
手元において何度も読み返すかといえばそうでもないかなって感じです。

信長Loveな濃姫が読みたかったらちょっとなんですよね(笑)

かといってこれもありかなって展開なので
私としてはやっぱり微妙って感想になります。



参加してます

にほんブログ村